うなじ脱毛にかかる料金について

男性はもちろん、女性もポニーテールやお団子などのアップスタイルは、清潔感があり好感度が高いヘアスタイルです。しかし、髪の毛をアップにすると、目立つのがうなじです。自分では見ることができない部位ですが、意外と見られている部分でもあります。

遅れ毛があると、不潔な印象を与えてしまったり、疲れた様子に見られてしまいます。そのような場合、脱毛をすると、きれいなうなじになることができます。

意外と安い?うなじ脱毛の料金

ワキや腕に比べると、脱毛するイメージが少ないですが、うなじをきれいにしておくと、女性として後姿がきれいになることが可能です。うなじ脱毛にかかる料金は、回数にもよりますが、2万円以内でできることがほとんどです。4回の回数限定のコースであれば、1万円の料金でできることもあります。

うなじの脱毛は、産毛や髪の毛に近い毛があるために、少ない回数では効果が得られにくいということがあります。満足するためには、10回ほどの施術回数が必要になる人もいます。

しかし、脱毛する範囲は狭いために、10回施術をしても、2万円程度で済むのが特徴です。うなじの毛がなくなることで、お肌が一段明るくなり、お肌がきれいに見えると言うメリットもあります。

そんな相場の中でも特に格安で脱毛を受けられるサロンを当サイトでご紹介しています。

口コミで総合評価の高い信頼できるうなじ脱毛サロンを見る

シースリーの頻度は2ヶ月に1回が基本

シースリーの脱毛の頻度は2ヶ月に1回が基本なので、無理なく通うことができるはずです。次回の脱毛までは自己処理をして乗り切ることになりますが、脱毛前より薄くなっているので処理は楽です。

自己処理というのはムダ毛が多くて濃いほど大変なのです。シースリーの脱毛頻度は多くすればいいものではなく、毛周期に合わせて処理する必要があります。ムダ毛は導火線のような役割があるため、ムダ毛が肌表面に見えていない状態で脱毛ライトを照射しても意味がありません。

脱毛ライトを照射する絶好のタイミング

ムダ毛が肌表面に見えるようになってから照射する必要があるのです。2ヶ月に1回のペースだと、1年間に6回を消化することになります。

4~6回の処理でかなり薄くなり、自己処理は楽なものとなるでしょう。サロン脱毛は自己処理から解放されるためにあるため、この程度なら自己処理なしでも気にならないと思えるまで処理してください。

脱毛を受けると肌が回復していく

シースリーで脱毛を終えることで、今までダメージを受けていた肌は少しずつ回復してくるでしょう。脱毛ダメージに負けてしまう理由はシンプルであり、肌が弱くなっているからです。若いころは問題なかったという方が多いですが、若いころと現在では肌質が違っています。

肌は年齢を重ねるほど乾燥しやすいですし、バリア機能も低下して肌荒れが起こりやすくなります。同じ生活習慣を続けていても、中年世代になると肌の保水力は低下し、ニキビが発生しやすくなるのです。シースリーの脱毛を受けることで、肌状態を安定させることができるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする